ありすの草子

日々の出来事で考えることや気になるニュースをお伝えします。

空飛ぶバイクの販売開始

空飛ぶバイク

Speederプロトタイプ

f:id:Alicetan:20190509225115j:plain

画像出典:A.L.I. Technologies

車やバイクの技術開発は日々進み、ついにここまで来ましたね。

バイクが空を飛ぶ時代がやってきました。

A.L.Iより空飛ぶバイクSpeederの一般販売開始が発表されました。

このバイクは地上から10センチ、もしくは数十センチの高度を飛行し、飛行継続時間は3時間です。

将来的には高い高度で飛ぶことを目指しますが、まずは航空法ではなく道路交通法で公道を走れることを目指しているようです。

もちろんのこと、道路交通法に『空飛ぶバイク』の規定がありません。

このままでは、購入してもセグウェイのように公道を走れない可能性があります。

公道走行を可能にすべく、交通インフラの構築に取り組みが始まっているようです。

エアーモビリティは道がないところでも、道がガタガタなところでも快適走行出来るだけではなく、水面走行も可能です。

燃料は恐らく恐らくEV(電気)、将来的にはFC(水素)になっていくのでしょうか?

免許や保険、安全機能についても気になるところですね。

 

最高時速:100km

高度        :10センチ

価格        :8万ドル〜12万ドル

 

Speederスポーツタイプ

f:id:Alicetan:20190510171511j:image

画像出典:A.L.I. Technologies

限定デザインのスポーツモデルです。

スポーツカーのようにカッコイイデザインですね。

 

最高時速:240km

高度        :数十センチ

価格         :未定

(高級車並みのようです)

 

今後の予定

2019年          限定モデルの予約受付開始

2020年後半   限定モデルの納車開始

 

2020年後半    量産機の予約開始(海外)

2021年後半    量産機の納車開始

 

2021年前半    量産機の予約開始

2022年後半    量産機の納車開始

 

Speederスタンダードモデル

f:id:Alicetan:20190510171738j:image

画像出典:A.L.I. Technologies 

ali.jp

スタンダードモデルは、スターウォーズをのようで未来的なデザインです。

庶民の私が手を出せるとしたら2021年以降の量産モデルでしょう。

気になるこのスタンダードモデルの価格は

軽自動車くらいだそうです。

なんと!意外とお手頃価格です!

近い将来に交通インフラも整い、空飛ぶバイクが普及するかもしれませんね。

 

もしかしたら2019年秋のモーターショーには、今まで登場していなかったエアーモビリティ分野が出てくるのかもしれませんね。