ありすの草子

日々の出来事で考えることや気になるニュースをお伝えします。

ついに自動運転レベル3解禁へ

f:id:Alicetan:20190601210220j:image

自動運転レベル3を解禁する「道路交通法改定案」が衆議院本議会で可決され、今国会での改定案成立を目指しています。

今国会で本案が成立すれば、日本の車業界では2020年から自動運転レベル3が導入される予定です。

自動運転レベル0~5

自動運転技術は6段階に分類されていますが、レベル2までは「自動運転」ではなく「運転支援」と呼ばれています。

レベル0:ドライバーが全てを操作。

これはいわゆる一般の安全運転機能が搭載されていない車です。

レベル1:システムで加減速、ステアリング操作のどちらかをサポート。

・先行車との距離を一定に保つ「クルーズコントロール」と呼ばれる加減速の操作。

・車線の逸脱を検知して警告したり、ハンドル操作を行うステアリング操作。

上記のうちのどちらかをサポートします。

 レベル2:システムで加減速、ステアリング操作の両方をサポート。

・先行車との距離を一定に保つ「クルーズコントロール」と呼ばれる加減速の操作。

・車線の逸脱を検知して警告したり、ハンドル操作を行うステアリング操作。

上記のうちの両方をサポートします。

レベル3:高速道路などの特定の場所ではシステムが全て操作、緊急時はドライバーが操作。

ここからが自動運転となり、現在このレベル3を兼ね備えているのはドイツ車のアウディA8のみで、日本では販売されていません。

日本ではまだレベル3の自動運転が許可されていないので、早急に法改正をする必要があります。

レベル4:高速道路などの特定の場所ではシステムが全てを操作。

レベル3と異なるところは、緊急時もシステム操作が行われるところです。

自動運転から手動へ切り替わる際に、運転手が寝ていたり対処できない場合があるのでレベル3→レベル4はとても難しいと言われています。

レベル5:全ての場所で、システムが全てを操作。

レベル5になるとドライバーは運転を行う必要がなくなるため、アクセル、ブレーキ、ハンドルがなくなります。

自動運転中のスマホ操作解禁へ

自動運転中は運転者が緊急時対応が出来る状態であることを前提に、スマホやカーナビの操作がやテレビの視聴が可能になります。

事故が起きた場合に備え、自動運転車には作動状態の記録装置の装備と保存が義務化されます。

自動運転とはいえ、常にドライバーが交代出来る状態を保つ必要性があり、ドライバーを飽きて居眠りをしてしまわないようにしなくてはなりません。

 自動運転レベル3の問題点

「高速など特定の場所では自動運転、緊急時は手動へ切り替えてドライバーが対応」というこの自動運転ですが、なかなか実用化に至らない問題点があります。

 運転技術面

自動運転中はドライバーの監視の必要性がないので、ドライバーなしでシステムは全て制御しなくてはならないのです。

例えば雪道であったり、白線が消えている道路はどうでしょうか。

100%事後のない安全な運転をするためには、カメラやレーダー、GPSなどの更なる精度・技術の向上が求められます。

また、自動運転から手動へ切り替える際に、ドライバーが居眠りをしていていて交代出来ないということが懸念されています。

どの位の時間を与えれば交代が可能になるのか、交代出来ないときは安全に停止出来るのかという課題もあります。

法改定の必要性

自動運転から手動に移行出来ず、事故を起こしてしまった場合の責任の所在はどうなるのでしょうか。

今現在のところ明確な規定を定められていません。

自動運転中に運転機能が十分に機能しないことで事故があった場合、メーカーに賠償責任を求める裁判が起こることも予想されるでしょう。

レベル3に不可欠なドライバーモニタリングシステム

緊急時には自動運転から手動へ切り替わるため、ドライバーの状態を監視するシステムが続々と開発されいています。

トヨタ

2019年人と車のテクノロジー展でお披露目した「覚醒度測定」という新技術は、ドライバーも気が付いていない眠気を判断するというものです。

www.diary.alice2525.com

アイシングループ

顔の向きやまぶたの開閉をモニタリングし、ドライバーが意識不明になって運転不可能と判断したときは自動運転に切り替え、路肩に退避させる。

研究・開発 | アイシン精機株式会社 公式企業サイト

オムロン

顔認識技術によりドライバーの視線や瞬きを推定する。

モビリティ | オムロンが目指す、人と機械の未来 │ OMRON

最後に

レベル3の実用化には様々な課題がありますが、2020年の実現化に向け、交通インフラの整備と更なる技術の向上を期待します。

私たちが自動運転車に乗れる時代はもう、遠い未来の話ではありません。