ありすの草子

日々の出来事で考えることや気になるニュースをお伝えします。

熱中症の症状と対策〜日常編と仕事編〜

f:id:Alicetan:20190605155713j:image

地球温暖化に伴い、熱中症は近年増加傾向にあります。

熱中症の予防法と対策を知り、暑い夏を元気に乗り切りましょう。

熱中症とは

高温多湿な環境下で、体内の水分及び塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体温調整機能がうまく働かないことにより、体内に熱が溜まり、筋肉痛や大量の発汗、さらに吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。

これらの症状が現れた場合には、熱中症を発症した可能性があります。

熱中症の症状と対応

熱中症を疑った時は、死に直面した緊急事態であることをまず認識し、重症度が高い場合ら救急隊を呼ぶことはもとより、現場ですぐに体を冷やし始めることが必要です。

熱中症の分類 症状 応急手当
重症度Ⅰ度 ・めまい、立ちくらみがある
・筋肉のこむら返りがある
・汗をふいてもふいても出てくる
・水分、塩分を補給する。
(スポーツドリンク・食塩水等)
・涼しい環境に避難する。
重症度Ⅱ度 ・頭ががんがんする
・吐き気がする
・倦怠感がある
・涼しい環境に避難する。
・足を高くして休む。
・水分、塩分を摂る。
(スポーツドリンク・食塩水等)
・自力で水分、塩分が摂れない場合は、すぐに救急車を要請する。
重症度Ⅲ度 ・意識がない
・体がひきつける(痙攣)
・呼びかけに対し返事がおかしい
・まっすぐに歩けない、走れない
・高い体温である
・涼しい環境に避難する。
・水や氷で首、わきの下、足の付け根などを冷やす。
・すぐに救急車を要請する。

熱中症になりやすい人

熱中症になりやすいのは体内調整機能が弱い、高齢者や乳幼児です。

f:id:Alicetan:20190605224931p:plain

出展:環境省

その他にも二日酔いや体調不良の人、糖尿病や高血圧の薬を飲んでいる人、十分な睡眠や食事が取れていない人の熱中症を発症しやすくなっています。

熱中症になりやすい日

  • 暑くなり始め
  • 急に暑くなる日
  • 熱帯夜の翌日
  • 気温が高い、湿度が高い
  • 風が弱い、日差しが強い
  • 照り返しが強い

熱中症は梅雨明けの7月下旬から8月上旬に多発する傾向がありますが、梅雨入り前の5月ごろから発生します。

お天気情報と同時に、熱中症指数も気にしましょう。

熱中症の予防と対策

日常生活編

熱中症の予防には暑さに負けない体づくり、小まめな水分補給、暑さを避けることが大切です。

日ごろから適度な運動を行い、食事と睡眠を十分取るようにしましょう。

水分補給

喉が乾いていなくてもこまめに水分を取りましょう。

軽い脱水状態の時は喉の渇きは感じません。

イオン飲料水や塩分を含んだ水を取りましょう。

睡眠

日々良質な睡眠を取れるよう、エアコンや扇風機を使い睡眠環境を整えましょう。

食事

バランスの良い食事をしっかりと取り、体調管理をしましょう。

室内環境

エアコン、温度計、湿度計を使用し、湿度や温度が高くなりすぎないように注意しましょう。

服装

透湿性・通気性の良い服装を心がけましょう。

日差し

日傘や帽子を使用し、直射日光を避けましょう。

仕事編

真夏でも外の現場であったり、エアコンが十分でない暑熱環境で仕事を余儀なくされている方も多いでしょう。 

湿度が高く、無風な環境下では熱中症だけでなく、脱水症に陥る危険性もあります。

暑熱環境では室内環境よりも、より小まめな水分補給、休憩、定期的な体の冷却などが必須です。

水分補給

水分・塩分の補給を定期的、容易に行えるように飲料水の備え付けましょう。

日差し

直射日光・照り返しを遮ることができる屋根など、日差しを遮れるものを設置しましょう。

外では必ず帽子やクールヘルメットを着用して、直射日光を出来るだけ避けましょう。

休憩

近くに、冷暖房を備えた休憩時・日陰などの涼しい休憩場所を設けましょう。

冷却グッズ

氷、冷たいおしぼり、水風呂、シャワーなどこ体を適度に冷やすことのできる物を用意しましょう。

作業時間

作業は長時間連続することのないようにし、時間や場所を考慮しましょう。

順化期間

暑熱作業に慣れていない作業者には順化期間を設けましょう。

熱中症対策に有効なもの

  • アイスパック、氷のう、夏場は大量の氷などの冷却グッズ
  • 扇風機、うちわ、バスタオル、ダンボール
  • 生理食塩水、スポーツドリンク
  • 塩、おしぼり

まとめ

大切なのは以下の通りです。

✔️小まめな水分補給

✔️涼しい服装

✔️温度管理

✔️規則正しい生活

様々な冷却グッズを有効に活用し、暑くなる前から熱中症対策をしていきましょう。