ありすの草子

日々の出来事で考えることや気になるニュースをお伝えします。

PTAは任意参加です

f:id:Alicetan:20190701105011j:image

子供が小学校に入ると待っているPTAという名のつく親が分担する学校のお仕事。

だんだんと父親がPTAに参加する割合も少しずつ増えてはきましたが、やはり母親の仕事という認識を持たれがちです。

最近ではPTAは任意参加だということを多くの人がご存知でしょう。

そもそもPTAとは?

日本におけるPTA(ピーティーエー、英語: Parent-Teacher Association)とは、各学校で組織された、保護者と教職員(児童を含まない)による社会教育関係団体のことである[1]。任意加入の団体であり、結成や加入を義務付ける法的根拠は無く、全ての児童生徒のためのボランティア活動というのが本来のあり方である。

(ウィキペディア)

そう、PTAはボランティア活動なのです。

しかし学校側はそれを悟られないよう、子供が入学すれば自動的にPTA加入するような仕組みになっています。

『PTA活動参加申し込み』をした方はおそらくほとんどいないでしょう。

それなのに入学した途端に月々PTA会費の支払いが始まり、問答無用の役員決めが行われることには疑問を感じざるを得ません。

PTAの温度差

PTAの活動は平日頻繁に学校へ足を運ばなければならないものから、年に1・2回の活動のみで済んでしまうものまで多種多様です。

やはり感じるのが、やる気のある人とない人の温度差です。

頻繁に学校へ通ってPTA活動を生きがいとしているような方がいる反面、年に1度の決められた日にさえ顔を出さない方もいます。

そしてあまり活動に参加しない人は、周りから非難されて陰口を言われたりもします。

ボランティア活動への参加表明も出していないのに半強制的に参加させられ、非難されるのはいささか理不尽なように感じます。

多忙を極める中、無理をしてまでPTA活動に参加する義務はないのです。

PTA未加入の不利益

PTAを辞めることを考えると、一番心配になるのが子供の扱いについてです。

PTA費からの購入品

PTAの予算で購入しているものを子供に渡さないと言わることがあります。

卒業式の記念品や行事で配布されるお菓子をPTA費用から出してることがあります。

金銭で解決出来ることであれば大きな問題ではありません。

登校班

子供の登校班を作成しているのはPTA(もしくは地域の子ども会)です。

その為、未加入者には『子供を登校班に入れない』と言われることがあります。

PTAは任意参加ですが、全員参加が暗黙の了解となっているので『1人だけPTAの仕事から逃れるなんてズルイ』と思われがちなのでしょう。

旗持ち当番

登校班と同様に、『旗持ち当番表』もPTA(もしくは地域の子ども会)が作成しています。

私の住む地区では、地域のボランティアの方々が多数いらっしゃいますが、旗持ち当番もその方と同じ場所に立たなくてはいけません。

そもそもそこに2人もいる必要がないのに、問答無用で参加義務があることに疑問を感じます。

PTAや子供会未加入の場合でも『登校班に入れる代わりに旗持ち当番を』とお願いされるかもしれません。

PTAを辞めるには

子供がお世話になっている学校へのボランティア活動を自分だけ辞めるというのはとても言い出しにくいことですが、PTA活動に疑問を感じたり、重荷になっている方は多数いるでしょう。

辞めると決めた時は、学校長とPTA会長の双方に書類を提出します。

担任の先生経由でも構いません。

すでに入会してしまっている人は『退会届』を、子供が入学前であれば入学と同時に『非入会届』を提出しましょう。

入会が鉄則となっているPTAには退会届・非入会届は用意されていませんので、独自に作成する必要があります。

無事に受け取ってもらえても、退会までには時間がかかったり、退会を認めてもらえないことがあるようです。

PTA自由化へ

本来は任意参加の活動なので、そこには選択権があるべきです。

子供の為に活動の手伝いをしても良いと考える親が大半でしょう。

従って任意加入になったとしても、活動に参加する人数はほとんど変わらないのではないでしょうか。

運動会やバザーなどの行事毎にボランティアを募集したり、未加入者でも都合の良い時に参加できるものがあると良いですね。

最後に

私自身、子供の入学式案内プリントに『PTA入会式』と強制参加のプログラムが組まれていたことにも疑問を感じています。

もちろん事前に選択権は与えられませんでした。

共働き世帯が増え、平日のPTA活動が難しいご家庭もあることでしょう。

PTAが大変で辞めたいとお考えの方、辞めたければ辞められると思っているだけでも気持ちが少し楽になるかもしれませんよ。